ブログ - 中原区武蔵小杉駅の小児科・皮膚科 武蔵小杉森のこどもクリニック - 武蔵小杉駅 徒歩3分

ご予約・お問い合わせ
tel.044-739-0888
  • WEB予約
  • ご意見箱
所在地
神奈川県川崎市中原区
小杉町2-228-1-1F
パークシティー武蔵小杉
ザガーデンタワーズウエスト

ご意見箱

MENU

ブログ - 中原区武蔵小杉駅の小児科・皮膚科 武蔵小杉森のこどもクリニック - 武蔵小杉駅 徒歩3分

tel.044-739-0888

ブログ

Blog

5周年イベントのお知らせ

こんばんは! 5周年イベントが楽しみすぎるチームです💗 いよいよ18日に開催のイベントが近づいてきました。院内にはカウントダウンの掲示が行われています。 本日はイベントの内容をお知らせします❕   ◎育児や日頃のお悩みを相談してみたかったけれど機会がなかったというお父様、お母様、いらっしゃると思います。看護師がお話を聞かせて頂きます。個室で相談できますので、...

2024年冬から鼻に噴霧するタイプのインフルエンザワクチン「フルミスト®」が使用できるようになります。

2024年冬から鼻に噴霧するタイプのインフルエンザワクチン「フルミスト®」が使用できるようになります。痛いワクチン注射はしたくない、怖いという子どもさんたちに朗報です。 当院でも取り扱い予定です。 接種時期(10月頃)が近づきましたら、「インフルエンザワクチン接種のご案内」として詳細をお示しします。お知らせは当院公式LINEにて先行してお知らせしますので、この機会にご登録をお願いします。 当院公式...

RSウイルス重症化予防は「シナジス®」から「ベイフォータス®」へ?

当院では、RSウイルス感染の重症化を予防するシナジス®接種を行っています。 2024年夏に長時間作用型の「ベイフォータス®」が使用できるようになります。 これまでは、RSウイルス流行期にシナジス®を重症化リスクが高い乳幼児のみに毎月の接種を8カ月程度行っていました。 「ベイフォータス®」は長時間作用型であり、1シーズンに1回の接種で初めてRSウイルス感染流行期を経験する乳幼児のRSウイルスによる疾...

RSウイルスに対する母子免疫ワクチン「アブリスボ®」。

2024年6月にRSウイルスに対する母子免疫ワクチン「アブリスボ®」が使用できるようになります。当院でも取り扱いを予定しています。アブリスボは妊婦さんに接種することで、生まれてくる赤ちゃんのRSウイルスによる下気道疾患(気管支炎や肺炎など)の発症と重症化を予防することを目的としているワクチンです。自費での接種となりますが、小児科医としては下記のようなRSウイルスの脅威を考えると接種をご検討していた...

2024年度シナジス®接種は4月1日からです。保険適応となる疾患群が拡大されました!

当院では、RSウイルス感染の重症化を予防するシナジス接種を行っています。 2024年度のシナジス外来は、ここ数年の流行時期を鑑みて川崎市においては2024年4月1日から開始されます。 今年度から⑤~⑨の5疾患群がシナジス接種の適応となっています。   早産児や生まれつき心臓に疾患がある乳児、ダウン症児のために、通常は大学病院や総合病院で行われる治療です。そのため近くのクリニックではシナジ...

「やけどには注意しましょう!」

こんにちは。 本日は、先日もブログでお伝えしている「やけど」についてです。 お子さんがやけどをしてしまうと、慌ててしまいますよね。 ですが、やけどをしたらまずは流水でしっかり冷やした後、受診してください。 やけどは温度と接触時間によって深さや重症度が決まります。   やけどした部分は薬を塗って保護します。使う薬は皮膚の状態によってかわるので、 やけどした日からしばらくはクリニックで診させ...

私って成長が早いのかしら?「胸のふくらみ」「思春期早発症」

思春期とは、心身ともにこどもから大人に変化する時期のことで、女子では平均10歳ころに乳房腫大から、男子では12歳ころに精巣発育から、体つきの変化が進み、身長もよく伸びるようになります。 思春期が平均より2-3年以上早く始まった場合、思春期早発症と診断され、一部の方に病的な原因がみつかる場合がありますが、診断基準を満たす全員が治療をしなければならない病気というわけではありません。   女子...

日本脳炎ワクチンの接種忘れはありませんか?

2021年に起きた日本脳炎ワクチンの供給不足により、接種をしたくてもできなかった子ども達がいます。 その後、2022年に供給は回復しましたが、現在も未接種となっている子ども達が多くいることが分かっています。   日本脳炎は蚊を媒介して感染するウイルス感染症です。 高熱、吐き気、頭痛、意識障害等の症状があり、発症すると死亡率が20%~40%と高く、治っても後遺症が残ることがあります。 &n...

「ママのおしゃれには危険が隣り合わせ?」

🌞こんにちは!    最近、若い女性の髪の毛をクルクルと巻く時に使う、 「ヘアアイロン」で、おでこや首のやけどをしてしまい、皮膚科を受診される方が増えています。 お母さんが床に置いて使っていたヘアアイロンを触って、 小さなお子さんがやけどをしてしまったケースもあります。   昔は炊飯器の蒸気の吹き出し口からでる高温の蒸気に触れてやけどをしてしまうケースや、 石油...

手汗は皮膚科で治療できます

ノートやプリントが汗で滲む 緊張すると手汗が気になる 手汗が気になって手が繋げない   このような症状で甲状腺疾患やその他の病気の可能性を否定した場合、原発性手掌多汗症かもしれません。 アポハイドローションは日本で初めて原発性手掌多汗症に対して保険適用が認められた外用薬になっており、当院でも処方可能です。12歳以上のお子様からご使用いただけます。 使用方法は1日1回就寝前に塗って、次の日...

お知らせ

 
 

ブログカテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ