武蔵小杉森のこどもクリニック 小児科・皮膚科

ご予約・お問い合わせ
tel.044-739-0888
  • WEB予約
  • WEB問診
所在地
神奈川県川崎市中原区
小杉町2-228-1-1F
パークシティー武蔵小杉
ザガーデンタワーズウエスト

ご意見箱

武蔵小杉森のこどもクリニック 小児科・皮膚科

MENU

乳幼児健診

Medical

Medical 乳幼児健診

対象年齢

3か月、7か月、5歳
※1歳6か月、3歳健診は保健所で集団(公費)で行われます。

それ以外にも、1か月、10か月、1歳の健診も承っております。
当院では自費にはなりますが、1歳健診(バースデイ!健診)に力を入れています。1歳以降であれば視機能検査(ページ下参照)も行うことができます。

持ち物

  • 母子手帳
  • 診察券
  • 保険証
  • 予防接種問診票(健診と予防接種を同時に受診される場合)

健康診査票

3-4か月健診
生後3~4か月頃より、首が座る、笑う、音に反応する、視線を合わすこともできるようになります。
体重は出生時の約2倍となります。身体発達、赤ちゃんの発達からみて重要な時期であると同時に、チェックしやすい時期ともなります。生活に支障をきたすような疾患や、早期に発見し治療の必要のある疾患の発見、乳児期の栄養・生活指導などを行います。
7か月健診
6~7ヶ月健診では、おすわりができるか、寝返りの体勢がとれるか、物をつかめるか、乳歯が生え始める、人見知りが始まるなど、赤ちゃんの体と精神の成長発達を確認します。
10か月健診
9~10か月頃になると、ハイハイ・つかまり立ち・小さい物をつかめるか等、7か月健診同様、赤ちゃんの体と精神がどこまで発達しているかをチェックします。
この頃になると離乳食後期にあたり、離乳食の食べ方に個人差が出てきます。
1歳健診
赤ちゃんの成長が順調かどうかを確認します。また、赤ちゃんが生まれて1年ですが、ママになって1年でもあります。睡眠不足が続き、育児への不安やストレスがたまりやすい時期でもありますので、悩み事があればご相談ください。
当院では視機能検査もセットで行わせていただき、斜視や弱視の発見に力を入れています。
1歳6か月健診
人として、基本的な機能が完成する時期であり、多くの赤ちゃんが歩けるようになります。周囲に対して興味を抱き、感情表現が豊かになり、言葉もいくつか言えるようになります。
3歳健診
3歳を過ぎ運動機能がぐんと発達して、からだを使う遊びが上手になり、手先も少しずつ器用になってきたのではないでしょうか。自分の身の回りのことも、多くのことが出来る様になりますが、まだまだうまくいかないことも多いでしょう。お子さんの心身の発達・発育の確認はもちろん、しつけや生活リズム、食生活や歯の健康など、お母さんのお悩みの多い頃かと思います。
5歳健診
健診では、成長の問題ないか。走る、跳ぶ、投げるなどの運動機能の発達や、洋服の脱ぎ着ができるなどの細かな運動発達、ことばの発達や、お友達と遊べているかなどの社会性について、などのことに気をつけて診察します。視力検査と尿検査も行います。「病院に行くほどではないけど・・・」というようなことでも構いませんのでご相談ください。

視機能検査

スポットビジョンスクリーナー

当院ではスポットビジョンスクリーナーという医療機器を導入しています。

こどもの2~3%に弱視の子がいます。
早期に発見し介入するほうが反応が良好であることが知られています。これまで3歳児健診において家庭での視力検査と問診が行われてきましたが、異常の見逃しや未実施の可能性があり、弱視の疑いのあるこどもをピックアップする精度が低いことが問題でした。

スポットビジョンスクリーナー

当院で導入しているスポットビジョンスクリーナーは、お子様から約1m離れたところから目に触れることなく、まだ視力検査ができない乳幼児(6ヵ月~)の検査を瞬時に行うことができます。痛みは全くありません。スポットビジョンスクリーナーで早期に屈折異常や斜視を発見した場合は、眼科に紹介させていただき、適切な眼鏡をかけたり訓練することによって、将来弱視になることを予防することができる可能性があります。

下記に該当する項目がありましたら、ご相談ください。
  • 視線が合わない
  • 片目を隠すと嫌がる
  • 目の動きが気になる
  • テレビを近くで見ている、離れていると見えにくいようだ
  • 物を見る時、顔をしかめたり目を細める
  • 物を見る時、顔を傾ける
  • 顔を回して横目で物を見る
  • 明るい戸外で片目をつぶる
  • 上目づかいで見る

自費(2000円)で検査を行うこともできますので、健診等でご希望の方はお声がけください。