カテゴリー: 小児科 - 中原区武蔵小杉駅の小児科・皮膚科 武蔵小杉森のこどもクリニック - 武蔵小杉駅 徒歩3分

ご予約・お問い合わせ
tel.044-739-0888
  • WEB予約
  • ご意見箱
所在地
神奈川県川崎市中原区
小杉町2-228-1-1F
パークシティー武蔵小杉
ザガーデンタワーズウエスト

ご意見箱

MENU

カテゴリー: 小児科 - 中原区武蔵小杉駅の小児科・皮膚科 武蔵小杉森のこどもクリニック - 武蔵小杉駅 徒歩3分

tel.044-739-0888

ブログ

Blog

室内温度と室内湿度

ここ最近、暑さが徐々に遠のき、過ごしやすい時期になってきましたね。皆さま、いかがおすごしでしょうか。 朝晩は寒いと感じる日も増えてきました。 冬が近づいたこの時期になると、赤ちゃんが家にいるご家庭から、「室温は何度くらいにしたらよいですか?」、「湿度はどれくらいが最適でしょう?」、「赤ちゃんの足が冷たいのですが、部屋が寒すぎますか?」といった質問を受けることが多くなります。   「お母さ...

インフルエンザ罹患時には異常行動に注意!!

インフルエンザAが猛威を振るっています。 インフルエンザに罹った際には、抗インフルエンザ薬の種類や服用の有無によらず、「窓やベランダから飛び降りようとする」「突然立ち上がって部屋から出ようとする」「壁紙や布団の模様が生き物に見える」など異常行動をきたすことがあります。 転落等の事故を防ぐために、就寝中も含めて玄関や窓にしっかり施錠する、1階で寝かせるなどの工夫をお願いします。 意識がおかしい、痙攣...

(9月20日)川崎市、インフルエンザ流行発生注意報発令!

本年8月下旬からインフルエンザA型の報告数が上昇し、9/20に川崎市はインフルエンザ流行発生注意報を発令しました。 すでに多くの小学校等で学級閉鎖などの措置が取られています。 人込みにおいてマスク装着や手洗いなどの基本的な感染対策は有効です。また、早めのインフルエンザワクチン接種をご検討ください。   川崎市中原区 アクセス:武蔵小杉、新丸子、元住吉、武蔵中原 武蔵小杉 森のこどもクリニ...

インフルエンザ流行の兆し

インフルエンザは飛沫感染と接触感染でヒトからヒトへ感染します。まずはマスク、手洗い、うがいが感染を防ぐために大切です。 インフルエンザワクチンは接種しなかった人と比較して、接種した人の発病率は相対的に70%に減少すると言われています。予防接種で発症そのものを完全に防ぐことはできませんが、症状の重症化も防ぐことができます。 ワクチン接種後すぐに免疫を獲得できるわけではないため、早めに接種をしていきま...

<発熱から12時間経過していれば>新型コロナウイルスとインフルエンザ、1回で同時に抗原検査できます!

この冬は新型コロナウイルス感染とインフルエンザ感染の同時流行が懸念されています。 発熱出現から12時間以上経過していれば、1回の検査で新型コロナウイルスとインフルエンザを同時に調べられる抗原検査キットを準備しています。 綿棒で鼻の奥をこするのは大人でも嫌なものですよね。 発熱したものの少し様子をみれるような状態であれば、12時間経過したのちに小児科一般診療を受診していただくのも選択肢の1つですね。...

インフルエンザ:昨年から流行継続したまま今シーズンの流行気に突入。インフルエンザワクチン接種は早めがよいかも。

2023/2024の季節性インフルエンザですが、昨年末の流行から収束することなく次のシーズンに突入することになりました。 現在でも流行しており学級閉鎖も多く報告されています。 昨年のインフルエンザワクチン接種から時間がたっているので獲得した免疫は低下しており、感染が広がりやすい状態です。 今年のインフルエンザワクチン接種は10月からですが、今年は早めに打つのが良い可能性があります。 子どもや高齢者...

胃腸炎が流行しています

冬になり急性胃腸炎が流行しています。 国立感染症研究所の報告によると、定点当たりの報告数は第43週(10/25~31)以降、増加が続いています。 突然の嘔吐や下痢を認めた場合は急性胃腸炎かもしれません。 感染性が強く、急性胃腸炎をきたすウイルスにはアルコールに抵抗性があるものもありますので手洗いをしっかり行うことが重要です。   急性胃腸炎 〇どんな病気? ウイルスがおなかの中に入って胃...

季節外れにヘルパンギーナ・手足口病が流行してきています!

夏風邪の代表であるヘルパンギーナ・手足口病が、今頃になって流行してきています。 国立感染症研究所の報告でもじわじわと増えてきています。 発熱・のどの痛み・手足やお尻の発疹などを認めた場合はヘルパンギーナ・手足口病の可能性があります。 お気を付けください。 関連記事:https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/862793 ヘルパンギーナ 夏風邪の1つで、通常...

舌下免疫療法(スギ花粉症:6月から、ダニアレルギー:いつでも始められます)!

スギ花粉症や通年性アレルギー性鼻炎(アレルゲン:ダニ)でお悩みの方は多いと思います。 多くの方は、スギ花粉症や通年性アレルギー性鼻炎(アレルゲン:ダニ)に対して対症療法(出ている症状に対して対応する薬を内服し対処する治療)のみを行っているのではないでしょうか。 対症療法に加え下記の舌下免疫療法を開始することによって、さらなる生活の質の改善が期待されます。 特にスギ花粉症に対する舌下免疫療法は、例年...

乳児の鉄欠乏は見落としがち!スクリーニング検査を受けましょう!

乳児は急速に体が大きくなることから、赤血球の材料である鉄をたくさん必要とします。しかし、乳児期は食べ物に含まれる鉄が少ないために鉄が欠乏しがちです。 鉄欠乏が続くと貧血になることはよく知られていますが、乳児では脳の発達・機能にも影響します。落ち着きがない、周囲への無関心、認知能力の低下、言語学習能力の低下、落ち着きがない、などがみられるといわれています。 米国小児科学会は鉄欠乏を防ぐために、乳児へ...
1 2 3

お知らせ

 
 

ブログカテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ