カテゴリー: 予防接種 - 中原区武蔵小杉駅の小児科・皮膚科 武蔵小杉森のこどもクリニック - 武蔵小杉駅 徒歩3分

ご予約・お問い合わせ
tel.044-739-0888
  • WEB予約
  • ご意見箱
所在地
神奈川県川崎市中原区
小杉町2-228-1-1F
パークシティー武蔵小杉
ザガーデンタワーズウエスト

ご意見箱

MENU

カテゴリー: 予防接種 - 中原区武蔵小杉駅の小児科・皮膚科 武蔵小杉森のこどもクリニック - 武蔵小杉駅 徒歩3分

tel.044-739-0888

ブログ

Blog

【HPVワクチンのキャッチアップ接種】夏休みを利用してぜひ接種を!!

下記の対象者に該当し、まだ接種がお済でない方、公費による無料接種の期限が迫っています。 まだ1回も接種していない場合、規定回数を接種するのに通常は6か月かかります。 2024年9月までに接種を開始してください!この夏休みを利用して接種を開始してはいかがでしょうか。 接種希望の方は、当院予約サイトの「予防接種・乳幼児健診」ボタンもしくは「HPVワクチン」ボタンから予約をお取りください。 <対象者> ...

【HPVワクチンのキャッチアップ接種】2024年9月までに開始を。約10万円のところが無料です。

下記の対象者に該当し、まだ接種がお済でない方、公費による無料接種の期限が迫っています。 まだ1回も接種していない場合、規定回数を接種するのに通常は6か月かかります。 2024年9月までに接種を開始してください! *全額自己負担の場合、「シルガード9®」(9価ワクチン)を3回接種すると10万円程度の費用がかかります。 <対象者> ・接種日時点で川崎市に住民登録がある ・誕生日が平成9(1997)年4...

2024年冬から鼻に噴霧するタイプのインフルエンザワクチン「フルミスト®」が使用できるようになります。

2024年冬から鼻に噴霧するタイプのインフルエンザワクチン「フルミスト®」が使用できるようになります。痛いワクチン注射はしたくない、怖いという子どもさんたちに朗報です。 当院でも取り扱い予定です。 接種時期(10月頃)が近づきましたら、「インフルエンザワクチン接種のご案内」として詳細をお示しします。お知らせは当院公式LINEにて先行してお知らせしますので、この機会にご登録をお願いします。 当院公式...

妊婦さんへ!RSウイルスに対する母子免疫ワクチン「アブリスボ®」。

(2024年5月23日追記)価格などを追記しました。 2024年6月にRSウイルスに対する母子免疫ワクチン「アブリスボ®」が使用できるようになります。当院でも取り扱いいたします。アブリスボは妊婦さんに接種することで、生まれてくる赤ちゃんのRSウイルスによる下気道疾患(気管支炎や肺炎など)の発症と重症化を予防することを目的としているワクチンです。自費での接種となりますが、小児科医としては下記のような...

日本脳炎ワクチンの接種忘れはありませんか?

2021年に起きた日本脳炎ワクチンの供給不足により、接種をしたくてもできなかった子ども達がいます。 その後、2022年に供給は回復しましたが、現在も未接種となっている子ども達が多くいることが分かっています。   日本脳炎は蚊を媒介して感染するウイルス感染症です。 高熱、吐き気、頭痛、意識障害等の症状があり、発症すると死亡率が20%~40%と高く、治っても後遺症が残ることがあります。 &n...

HPVワクチンのキャッチアップ接種(無料)は2025年3月31日までです!

HPVワクチンのキャッチアップ接種(無料)は2025年3月31日までです。 全ての接種を終えるには一定の時間がかかりますので、お早目に接種することをお勧めします。 これまで接種したことがない方は、6か月かけて3回接種します。 過去に2価ワクチン(サーバリックス@)または4価ワクチン(ガーダシル@)を受けた時から時間が経過している場合でも、接種を最初からやり直す必要はなく、残りの回数の接種を公費で行...

11月は子宮頸がん予防啓発月間です!

11月は子宮頸がん予防啓発月間です! 女性特有のがんの一つである子宮頸がんは、20歳代後半から患者数が増加しますが、HPVワクチンや子宮頸がん検診により、予防・早期発見を図ることができます。 東京都は、この運動に賛同し11月17日(金曜日)及び18日(土曜日)19時00分から21時00分まで庁舎を子宮頸がん征圧のテーマカラーであるティールブルーにライトアップする取組が行われます。このような運動は世...

インフルエンザにかかっちゃったけど、インフルエンザワクチンはどうする?

「インフルエンザに先日かかっちゃったけど、今期のインフルエンザワクチンはどうしたらよい?」 このような問い合わせを頂く事があります。 結論から言うと、「それでもインフルエンザワクチンは接種したほうが良い!」と当院では考えています。 理由は以下の2つ。 ・今冬流行するインフルエンザが、現在流行しているインフルエンザAと同型かどうかはわからない。 ・インフルエンザワクチンにはB型の予防効果も含まれてい...

2023年度インフルエンザワクチン予約始まっています。

2023年度のインフルエンザワクチン予約を開始しています。 2023/2024の季節性インフルエンザですが、昨年末の流行から収束することなく次のシーズンに突入することになりました。現在でも流行しており学級閉鎖も多く報告されています。 子どもや高齢者、基礎疾患がある方など重症化しやすい人を社会で守るために、多くの地域の方がインフルエンザワクチン接種するとよいと考えています。 下記リンクからお知らせ・...

知ってほしい!髄膜炎菌ワクチン

髄膜炎菌は、健康な人の鼻やのどの粘膜にも存在していますが、飛沫感染でヒトからヒトへうつり、鼻やのど、気管の粘膜などに感染します。さらに血液や髄膜に侵入して全身に広がると菌血症・髄膜炎などの侵襲性髄膜炎菌感染症(IMD)を引き起こすことがあります。 髄膜炎菌ワクチンは、このIMDを予防するためのワクチンです。アメリカやイギリスなどでは4価髄膜炎菌ワクチンを定期接種として行っています。接種方法は筋肉注...
1 2 3 4 5

お知らせ

 
 

ブログカテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ