武蔵小杉 森のこどもクリニック 小児科・皮膚科

ご予約・お問い合わせ
tel.044-739-0888
  • WEB予約
  • ご意見箱
所在地
神奈川県川崎市中原区
小杉町2-228-1-1F
パークシティー武蔵小杉
ザガーデンタワーズウエスト

ご意見箱

武蔵小杉森のこどもクリニック 小児科・皮膚科

MENU

tel.044-739-0888

お知らせ

Topics

ロタウイルスワクチンは2020年10月から定期接種になります!(公費対象者は2020年8月1日以降の出生の児となります)

ロタウイルスは感染性胃腸炎の原因となる代表的なウイルスです。
このウイルスに乳幼児が感染すると、激しい嘔吐や下痢を認め脱水症を呈し点滴治療や入院を必要とすることがあります。また、けいれんや脳症を認めることもあります。
ロタウイルスワクチンはこのようなロタウイルス胃腸炎をふせぐために、ロタウイルスの病原性を弱めて増殖させ、精製してからシロップ状にした飲むワクチンです。

2020年10月からこのロタウイルスワクチンは定期接種となり、公費での接種が可能になります(2020年8月1日以降出生の児が対象となります)。
生後2か月になったらすぐにワクチンデビューですが、その際にヒブ、肺炎球菌、B型肝炎ワクチンと一緒にロタウイルスワクチン1回目も行うことになります。
ロタウイルスワクチンには、5価ワクチンのロタテック®(合計3回内服)1価ワクチンのロタリックス®(合計2回内服)あります。
当院では、ウイルスのより多くの型に対応しているロタテック®をメインに採用していますが、ロタリックス®も取り扱っております。

注意すべき副反応として、まれにですが腸重積を起こすことがあります。
一般に腸重積はワクチン接種のみで起こるわけではなく、もともと乳児期後期に起こりやすい病気です。初回接種後1週間以内にわずかに腸重積のリスクが増加する可能性が指摘されています。初回接種は、腸重積の発生しやすい時期を避け、15週未満で接種することが重要です。

 

川崎市中原区
アクセス:武蔵小杉、新丸子、元住吉、武蔵中原
武蔵小杉 森のこどもクリニック小児科・皮膚科
院長 大熊 喜彰

院長 大熊 喜彰 (おおくま よしあき)
記事監修
院長 大熊 喜彰
(おおくま よしあき)

日本医科大学医学部 卒業、順天堂大学大学院・医学研究科博士課程修了、国立国際医療研究センター小児科勤務、東京女子医科大学循環器小児科勤務

医学博士、日本小児科学会小児科専門医、日本小児科学会指導医、日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医、そらいろ武蔵小杉保育園(嘱託医)、にじいろ保育園新丸子(嘱託医)

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る