武蔵小杉 森のこどもクリニック 小児科・皮膚科

ご予約・お問い合わせ
tel.044-739-0888
  • WEB予約
  • ご意見箱
所在地
神奈川県川崎市中原区
小杉町2-228-1-1F
パークシティー武蔵小杉
ザガーデンタワーズウエスト

ご意見箱

武蔵小杉森のこどもクリニック 小児科・皮膚科

MENU

tel.044-739-0888

お知らせ

Topics

アレルゲン舌下免疫療法をご存知ですか?(適応症:スギ花粉症、ダニアレルギー)

スギ花粉症や通年性アレルギー性鼻炎(アレルゲン:ダニ)でお悩みの方は多いと思います。
今年は花粉の飛散量が少なく、「Stay Home」だったこともあり症状が軽かった方が多かったのではないでしょうか?
ただ、来年の花粉飛散量はまだわかりませんので、今から備えるのはいかがでしょうか?

多くの方は、スギ花粉症や通年性アレルギー性鼻炎(アレルゲン:ダニ)に対して対症療法(出ている症状に対して対応する薬を内服し対処する治療)のみを行っているのではないでしょうか。
対症療法に加え下記の舌下免疫療法を開始することによって、さらなる生活の質の改善が期待されます。
特にスギ花粉症に対する舌下免疫療法は、例年6月からの開始となっています。
当院ではお子様(5歳以上)も成人の方も舌下免疫療法を行っています
お困りの方は一度当院にご相談ください。

舌下免疫療法とは
「舌下免疫療法」は、アレルゲン(アレルギーの原因物質)を毎日少量から服用していくことによって免疫を刺激し、体を慣らしていく治療法です。
具体的には、毎日、患者さんの舌の裏に、スギ花粉あるいはダニのタンパク質の薬剤を置き、最終的にはこの薬剤を内服します。当院では、スギ花粉症の方には「シダキュア(錠剤)」、ダニアレルギーの方には「ミティキュア(錠剤)」を使用しています。
治療開始数か月後より対症療法と同等以上の治療効果が期待され、年単位の治療継続によって長期寛解(症状が落ち着いた状態)を期待できるため、症状を抑えるのみの対症療法とは大きく異なります。
症状を抑える対症療法と免疫にアプローチする舌下免疫療法を組み合わせることによって、さらなる効果が期待できると考えて下さい。

どのような患者さんが対象?
「スギ花粉症」あるいは「ダニアレルギー」と確定診断された成人の方および5歳以上の小児が保険適応となります。
以下の方は舌下免疫療法を行うことができませんので、ご注意ください。
・重症の気管支喘息の方
・免疫抑制剤(ステロイドなど)を内服している方
・妊婦あるいは今後妊娠を考えている方
・4歳以下の幼児

舌下免疫療法ってどうやるの?通院頻度は?
スギ花粉症に対する舌下免疫療法は、初回治療開始は6月から12月までと限定されています。
ダニアレルギーに対する舌下免疫療法はいつでも治療開始可能です。
まず、一般小児科を受診(順番予約になります)していただき、確定診断を行うためのアレルギー検査を実施し、2回目の受診より舌下免疫療法が開始となります。
1日1回、少量から内服をはじめ、1週間後からは一定量を内服します。治療期間は3-5年が推奨されています。
初めての服用は、医師の監督のもとで行い、内服後は院内で30分待機していただきます。2日目からは自宅で服用します。月に1回の通院が必要です。

期待できる効果は?
長期にわたり症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまり、涙目など)をおさえる効果が期待できます。症状が完全におさえられない場合でも、症状を和らげ、アレルギー治療薬の減量が期待できます。
一方で、10-20%ほど治療が効かない無効例が存在します。

副作用はありますか?
主な副作用として、口の中の副作用(舌下の腫れ、口の中の腫れ、かゆみなど)、唇の腫れ、のどのかゆみ、刺激感、不快感、耳のかゆみなどがあります。
重大な副作用として、アナフィラキシーやショックに注意が必要です。

 

川崎市中原区
アクセス:武蔵小杉、新丸子、元住吉、武蔵中原
武蔵小杉 森のこどもクリニック 小児科・皮膚科
院長 大熊 喜彰

院長 大熊 喜彰 (おおくま よしあき)
記事監修
院長 大熊 喜彰
(おおくま よしあき)

日本医科大学医学部 卒業、順天堂大学大学院・医学研究科博士課程修了、国立国際医療研究センター小児科勤務、東京女子医科大学循環器小児科勤務

医学博士、日本小児科学会小児科専門医、日本小児科学会指導医、日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医、そらいろ武蔵小杉保育園(嘱託医)、にじいろ保育園新丸子(嘱託医)

詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る